レポート機能を活用する

ネットビジネスを展開している企業であれば、必然的にefoが必要になります。ユーザーにストレスを与えることなくスムーズな取引を完了できるだけではありません。efoについているさまざまな機能を活用することで、誤送信を防ぐことも可能です。

レポート機能でユーザーによる入力ミスからのサイト脱力だけでなくて、設定中もプレビュー画面を表示させながら、画面動作を自分の目で確認しながら操作をすることで、よりお客様に近い形で内容を確認することができるでしょう。

パソコン画面フォーム機能を改善するための毎日のデータや月間データがグラフ化されることも重要ですし、何のデバイスを使用しているかも重要な戦略につながります。スマホユーザーが多ければ、サイトも簡略化して見やすく、次のページにもサクサクと進めるようにすれば、サイト定着率もアップするでしょう。

また、若門層がターゲットであるならば、煩わしい入力を掛けさせずにまずは、SNSと同じログインIDでサイトに導くといいでしょう。このログイン方法であれば簡単ですし、サイト訪問者数も商品売上にも貢献できるはずです。

インターネットショッピングで便利に利用しているユーザーも多くなりましたが、まだまだefoでサイトを発展させていくことも可能です。ネットビジネスに関連している企業であれば早めの導入することをおすすめします。

 

スムーズな手続きのために

ウェブサイトで何もかも完結するためにはサイト構築をはじめとした色々な機能を持つ必要があります。サイトにアクセスするのは必ずしも、ネットが得意な若者世代とは限りません。自宅から外にでる機会が減ってしまった高齢者にも安心して、サイトで買い物をしてもらうためにも、スムーズな入力画面は必要でしょう。

パソコンと女性ところでエントリーフォーム最適化のefoですが、最後まで入力できずにいるユーザーの多くは、同じような個所でつまずくことが多い傾向にあります。いくつか紹介します。一番多いのは入力の途中で画面上部にある「前のページに戻る」矢印を押してしまうことでしょう。実は大切な個人情報などを入力中には、登録画面の下部にある「戻る」を押さなければいけません。そして半角で入力しなければいけない個所なのに全角で記入してしまってエラーメッセージの文字が出てくると、個人情報の重要な個所が消えてしまい、書き直さなければなりません。時間がなければ諦めてしまってその画面を閉じてしまうでしょう。

これでは大切なお客様を逃してしまいますよね。そうならないためにもefoで対策強化を図りましょう。efoにはモニタリング機能がついています。ユーザーをブラウザ毎に分析することも可能で、ユーザーのサイト離れの原因がつかめることも簡単にできます。このレポート機能があることで、エントリーフォームに手を加えたり、なぜ最後まで入力できずにいるのかもわかるシステムですので活用してみましょう。

推奨リンク・・・http://f-tra.com/ja/efo/
(efoサービス「f-tora EFO」のサイトです。)

efoは一体なに?

スマホ「efo」とはいったい何なのかご存知でない方もいると思いますので説明します。efoとはエントリーフォーム最適化の略名です。ネット関連でお仕事されている方には馴染みのある名称でしょう。エントリーフォーム最適化とは、現在では多くのネットビジネスが存在していることはご存知だとおもいます。自宅に居ながらでも銀行口座を開設することも可能ですし、食料品などもネットで注文できる時代です。

このときに一般ユーザーは、ボタン一つで商品を買える訳でなないのです。商品を購入したければ、まずはそのサイトに会員登録を済ませなければいけません。登録したメールアドレスに登録完了のお知らせが届いて、はじめてネットで注文することが出来るわけですが、ここまでの段階で自分の個人情報などを入力する画面が出てきますが、その段階で登録することをあきらめてしまう方もいます。すんなりと入力できないフォームや、ダラダラとしている登録画面ですとストレスが起きてしまい、途中で断念してしまう場合が多く見受けられます。このストレスを回避しながら最後まで入力してもらうようにすることが、efoエントリーフォーム最適化の重要な仕事です

もちろん、企業ごとに使用途が違いますのでどのように最適化にするべきか相談を受けながら開発が進みます。ネットショップであれば主に商品の注文ですが、一般ユーザーを相手にしていることで、どのような世代がサイト訪問しているのかチェックすることもできるのです。このようにefoを導入したあとも訪問ユーザーを分析したりするプログラムがレポート機能です。この機能を使うことで商品の開発や売上げにもつながると考えられていますので重要なものであると認識しておきましょう。